FC2ブログ
ドレミFlash

プロフィール

Happy England

Author:Happy England
2006年春、旦那さんの海外赴任にて渡英。イギリス南西部のplymouthという田舎で新婚生活をスタートさせた私たち。2007年6月23日、元気な望結たんが誕生し私たちの家族に加わりました☆海外での初めての子育て・望結たんの成長について綴っていきたいと思います♪

Wedding Anniversary

*script by KT*

いくつになったの

*script by KT*

だっくくろっく

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

★★星の鎖2★★

★
HeroRisa

ぱたぱたアニメ館
GIFアニメ

FairyDances

★
HeroRisa

ぱたぱたアニメ館
GIFアニメ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
只今、イギリスにてドキドキ初めての育児生活中☆ 旦那さんと望結たんと一緒に、イギリスでの育児を日々の生活を通して綴っていけたらなぁと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
出産レポート 無痛分娩編
 6月23日 1:00

子宮口が3cm開いて分娩室へ移動すると、旦那もすぐ到着。分娩を担当してくれるmidwifeと自己紹介しながら(初対面なので)、バースプランについて確認があった。

 私のバースプランでは水中出産と書いておいたけれど、水中出産用の部屋は空いていなかったみたいだし、痛みが凄すぎて水中出産がしたい!!とか訴える余裕はなかった。ただただ痛みから解放されたかった。
 それから、バースプランにできるだけ自然分娩を希望と書いていたので、mideifeは「無痛分娩にするの?」と再度確認してきた。このときはもう本当に痛くて痛くて(でも陣痛の波がきてるときだけ)何もない状態では耐えれなくなっていたので、ガスマスクを握り締めて陣痛がくると藁にもすがる思いでおもいっきりガスを吸い込んで痛みから解放されようとしていた。ガスマスクを口に当てて、痛みに耐えながら大きく息を吸い込み無痛分娩にしてくれ!!と「うん。うん」とうなずいた。

 旦那は背中をさすったり、ガスマスクを支えたりしながらどうやったら私が楽になるか必死に頑張ってくれていたみたいだけれど、痛みを訴え続ける私に少し動揺してオロオロしてたみたい。ごめんね。
 
 ガスマスクは何度も何度も吸っていたらたまに意識朦朧としたときもあったけれど、実際の効果は気休め程度だった。でも、大きく息を吸い込んで痛みを逃すために呼吸に集中しることで少しは楽になれたような気がする。例えガスマスクが効いていなかったとしても、それでもあの時の私には何か痛みから逃れられるものが必要だった。

 初めての出産だし、みんなそれぞれ陣痛の痛みはあってその人にしか度合いがわからないからなんとも言えないけれど、「陣痛促進剤を使うと普通の陣痛よりももっと痛みが増す」とリーフレットに書かれていたから、もしかしたら促進剤を使わなかったらもうちょっと陣痛の痛みはマシだったのかもしれない。でも、どっちにしろ陣痛はとっても痛いはずだけど。

 「無痛にしてくれ!!」と言うと、ドクターが来て「今から無痛分娩の麻酔がちゃんとあなたに効くかテストしてみるから」と言って左腕にチクッと管を通された。その前に「アレルギーは?今までで重い病気は?・・・・」とかいろいろ聞かれた記憶がなんとなくあるけどあんまり覚えておらず。このときもずーーっとガスマスクを握り締めて陣痛が来たら即、ガスを吸い込み続けていた。


 6月23日 2:30

 無痛分娩のテストでOKが出たので実際に投与することに。ドクターはこの麻酔のデメリットについて説明し、それでも納得して無痛分娩にするかどうかを私たちに確認した。説明の間、痛みに耐えるのに必死で頭が働かない。しかも英語 心境的には、「そんなんどうでもいいから早くしてくれ~!!」って感じだった。
でも、いやいや、この説明はとても大切なことよね。私たちは事前に無痛分娩のメリット・デメリットについて確認していたし、旦那もドクターの説明を一緒に聞いていたので、納得してお願いした。

無痛分娩は背中に管を通して液体を体内に入れるので、みんなに支えられなが上体を起こしてもらう。もちろんまだガスマスクは握り締めたまま。 ドクターとmidwifeがあれこれしていたけれど、痛みと闘うのに必死であんまり覚えていない。ただ、背中に管を通すのがちょっと怖かったけれど、実際は陣痛の痛みの方が圧勝でチクッとする程度の痛みの感覚だったし、なんせ背中なので見えないことに救われた。


 6月23日 3:00

無痛分娩の薬が効いてきて、あれほど凄かった痛みがほとんどなくなる。本当にビックリするくらいに痛みが消えた!!「こんなに痛くないんだったら陣痛がピークになる前から使えたらよかったのに」とか、「これだったら出産も楽勝」っていろんなことを考える余裕ができるくらいに楽になった。ここでガスマスクともさようなら。



ランキング参加中☆よろしくお願いします
 気軽にコメントよろしくですリンクもご自由にどうぞ♪


スポンサーサイト
【2007/08/09 22:43】 | 出産 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<出産レポート いきみ編 | ホーム | 出産レポート 陣痛促進剤編>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://plymouthdevon.blog50.fc2.com/tb.php/74-fddcbac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。