ドレミFlash

プロフィール

Happy England

Author:Happy England
2006年春、旦那さんの海外赴任にて渡英。イギリス南西部のplymouthという田舎で新婚生活をスタートさせた私たち。2007年6月23日、元気な望結たんが誕生し私たちの家族に加わりました☆海外での初めての子育て・望結たんの成長について綴っていきたいと思います♪

Wedding Anniversary

*script by KT*

いくつになったの

*script by KT*

だっくくろっく

月別アーカイブ

最近の記事

カテゴリー

★★星の鎖2★★

★
HeroRisa

ぱたぱたアニメ館
GIFアニメ

FairyDances

★
HeroRisa

ぱたぱたアニメ館
GIFアニメ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
只今、イギリスにてドキドキ初めての育児生活中☆ 旦那さんと望結たんと一緒に、イギリスでの育児を日々の生活を通して綴っていけたらなぁと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
GP 6W
GPとの予約が午後から取れた。こんなにすぐ取れるもんなんだ。

受付で名前を言って、待合室で待つこと20分。名前を呼ばれ、ドクターの個室へ。優しそうな女性のドクターで安心した。だって初めてのGPだし、しかも英語だからかなりドキドキもんだもんね。

『今日はどうしたの?』とドクター。「あのー、妊娠したみたいなの。pregnancy test でポジティブだったから。」『そうなの!!初めての赤ちゃん??おめでとう~!!ohh~lovely♪』
ドクターに祝福の言葉を言ってもらえて、なんだか恥ずかしいけど、とっても幸せな気分。
 それから、最終月経日を聞かれて出産予定日を教えてもらい、今までの出産経験、タバコは吸わないとかアルコールは飲まないようになどの簡単なアドバイスと質疑応答があり、『じゃぁ、midwifeに予約を取ってあげるから次回からはmidwifeに診てもらってね。それとFolic Acidの処方箋を出しておくから毎日飲んでね。赤ちゃんに必要なのよ。』というお言葉と共にどうやら診察終了の気配。

いえいえ、ちょっと待って。何も診て貰ってないんだけど。これじゃぁ、本当に妊娠してるか確かめれないよね。焦った私は、「本当に妊娠してるかどうか検査とかしないの?」と食いついてみるが、『生理も来てないでしょ?性交渉もあったでしょ?pregnancy testもポジティブだったでしょ? じゃぁ、妊娠してるはずよ』とのお答え。そして、『詳しいことや質問はmidwifeと話してみてね、とにかくおめでとう!!』と言われ、lovelyを連発されて診察終了。
 うわさには聞いてたけど、初診は結構あっけなく終了しました。でも、おめでとう!!とか色々嬉しい言葉をかけてもらったしよかった♪

 それから受付でmidwifeとの予約を入れてもらい、妊娠グッズのサンプルのカタログなどを受け取り、近くのpharmacyでFolic Acidを£0.99(安いっ!)で購入し無事帰宅。

 妊娠報告を受けて旦那は落ち着かなくなったのか、今日は何度も心配して電話してきてくれた。優しいなぁ。でも、ちゃんと一人でGPにも診てもらえたから心配しなくても大丈夫よ~♪ありがとうね☆
スポンサーサイト
【2006/11/09 08:08】 | GP | トラックバック(0) | コメント(0)
診療所へGP登録の確認
 GP登録したはずの近くの診療所へ行ってみた。
どうやら受付の人曰く、担当医も特に選ぶ必要はなく、健康診断ももし本人がどうしてもしたいのだったら予約を取ってあげるけど、申込書をドクターがチェックして何か検査しとくことがあれば連絡がいってるはずだから、それがないんだったらあえて健康診断もしなくてもいいとのこと。
「ちゃんと、登録されてるから大丈夫よ。予約の際に例えば、女医に見てもらいたいと言えば女医を紹介するし、この説明書を読んでおいて。」と、申込書を提出したときにもらったのと同じ用紙(ドクターの名前や診察時間、電話番号等が書かれた紙)をもらいました。

 同じイギリスでも、住んでいる地域や診療所にやって色々制度が違うのね。でも、これでひとまず安心☆近々、予約の電話をいれよう。
【2006/11/05 02:49】 | GP | トラックバック(0) | コメント(0)
GPに診てもらおうかな
※イギリスの医療制度※

イギリスでは地域の診療所(Surgery)でGP(General Practitioner)の登録をすると無料で医療が受けれる制度があります。診察料は無料ですが、薬代は基本的に有料です。GPは病気の初期治療を行うところで、歯科治療以外の全科を担当していています。ただし、専門医の診察が必要となれば紹介状を書いてくれるらしいのですが、実際に専門医に診てもらうまで、これがとんでもなく待たされるケースが多いらしいのです。

登録には、6ヶ月以上滞在するという証明が必要で担当医を自分で指定するという情報もありますが、私の場合、近くの診療所にGPの申込書を貰いに行き、個人情報や今までの病気、予防接種などの情報等を申込書に記入し受付へ提出して終了。



 今回、体調が悪い日が続いていたのでGPに診てもらおうかなぁと思った私。もちろん初診なので、どうしたらいいものかとGPについて色々調べてみると・・・GPに登録するには健康診断の予約を取らなくてはいけない。とか、登録が完了したらNHS番号等を含めてお知らせの封書が届く。とか・・・いろんなことが書かれていてビックリ!!もしや、申込書を提出しただけだったら駄目だったのか?!不安になった私は、登録しているはずの診察所へ、実際に確認しに行って来ました。
(電話でもよかったのですが、どうも英語が・・・)

【2006/11/04 02:43】 | GP | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。